Digital Quest Inc.Digital Quest Inc.

技術情報とケーススタディを提供しております。タイトルまたは写真ククリックすると資料(PDF)がダウンロードできます。


放送業者のためのSMPTE2022ガイド

放送業者のためのSMPTE2022ガイド

 放送は、今日のテクノロジーの世界で最も急速に変化しているビジネスの一つです。アナログからデジタルへと移行し、1960年代のリビングルームにあったNTSCテレビから劇的に解像度が向上しただけでなく、今日の放送は、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも番組を配信したいという消費者の需要に応えています。
放送がIP技術に移行し、リニア番組のストリームがオンデマンド視聴へと変化していく中で、空中信号はもはや支配的ではなくなってきています。インターネット上でのみ番組を配信する新しいプレーヤーは、テレビ局、ケーブル、衛星サービスなどの従来のプレーヤーとの競争に成功しています。これがどこで終わるのかは誰にもわかりません。さまざまなプレーヤーはすべて、それぞれがメディアトランスポートに独自のアプローチを持つことができるさまざまな新しいビジネスモデルを実験しています。スマートフォンで配信されるライブニュース番組から、超高精細な没入型スポーツイベントまで、各番組ベンダーは、最も低コストで最も効率的な技術的手法でカバレッジを最適化しています。これらに対応するためのSMPTE2022の概要について解説しています。

 
それは時間の問題です

それは時間の問題です

 スポーツ放送におけるIPの出現に伴い、放送局のネットワーク上のエンドポイント、デバイス、プロセス間の同期を維持し、改善する必要性が非常に重要になっています。これは、スポーツの生放送制作において最も重要です。プレシジョン・タイミング・プロトコル(PTP)は、時間と位相ドメインでのオーディオとビデオの統合を可能にし、効果的なメディア処理を可能にするため、IPスポーツ中継のバックボーンとなっています。IPのネットワーキングの柔軟性を活用し、PTPの健全な実装と組み合わせることで、スポーツ放送局はコスト効率よく斬新なワークフローを導入することができ、結果的に視聴者の体験を向上させ、ユニークなものにすることができます。さらに、メディア・エッセンスの統合、リモート制作、IPネットワークのユビキタス化などの効率性を活用して、第2層、第3層のスポーツ制作のライブ・コンテンツを配信することが可能になります。 PTPは、スポーツ放送局が自動プロセス、クリエイティブなワークフロー、イノベーションを構築するための基盤となります。このホワイトペーパーでは、同期化のためのSMPTEエポックを使用したPTPの重要性、メリット、システムコンポーネント、メディアへのアプリケーションの概要を説明します。

 
放送局はヒットレス技術を見逃すことはできせん

放送局はヒットレス技術を見逃すことはできせん

 IP ビデオおよびオーディオ技術は、メディア制作のあらゆる面に急速に移行しており、PTP はすべてのデバイスのタイミング関係の絶対的な同期を提供するために不可欠な技術です。これは、IPおよびファイバーベースのエコシステムでミッションクリティカルなメディア信号を配信するための要件です。 PTPは、イーサネットスイッチやIPルーターなどのパケットベースのネットワークで、デバイスを単一の共有クロックに同期させるための方法論を規定しています。この規格は、もともと実験室や産業施設向けに開発されたもので、現在では、SMPTE ST 2110を使用したIPビデオ/オーディオ信号の伝送や、AES67を使用したIPオーディオ信号の伝送など、他のメディアアプリケーションのための基本的なものとなっています。PTPは、複数のビデオカメラの共通のタイムベースを作成し、ビデオとオーディオデバイスを統一されたクロックまたはタイムコードに同期させるために使用されます。適切に使用すれば、何百ものノードを持つ大規模なネットワークでも、デバイスのクロックをナノ秒以内に同期させることができます。 "Time Travels - A Closer Look at PTP」では、PTP同期、マスタークロックの選択、トランスペアレントおよびバウンダリクロック機能、PTPドメインとプロファイル設定、その他のネットワーク上の考慮事項など、PTP導入の主要な要素と考慮事項を検証しています。

 
タイムトラベル - PTPを詳しく知る

タイムトラベル - PTPを詳しく知る

 IP ビデオおよびオーディオ技術は、メディア制作のあらゆる面に急速に移行しており、PTP は、すべてのデバイスのタイミング関係の絶対的な同期を提供するために不可欠な技術です。これは、IPおよびファイバーベースのエコシステムでミッションクリティカルなメディア信号を配信するための要件です。 PTPは、イーサネットスイッチやIPルーターなどのパケットベースのネットワークで、デバイスを単一の共有クロックに同期させるための方法論を規定しています。この規格はもともと実験室や産業施設向けに開発されたもので、現在では、SMPTE ST 2110を使用したIPビデオ/オーディオ信号の伝送や、AES67を使用したIPオーディオ信号など、他のメディアアプリケーションのための基本的なものとなっています。PTPは、複数のビデオカメラの共通のタイムベースを作成し、ビデオとオーディオデバイスを統一されたクロックまたはタイムコードに同期させるために使用されます。適切に使用すれば、何百ものノードを持つ大規模なネットワークでも、デバイスのクロックをナノ秒以内に同期させることができます。 "Time Travels - A Closer Look at PTP」では、PTP同期、マスタークロックの選択、トランスペアレントおよびバウンダリクロック機能、PTPドメインとプロファイル設定、その他のネットワーク上の考慮事項など、PTP導入の主要な要素と考慮事項を検証しています。

 
QUARRA、フリーバーグ大学にAoIP基盤を提供

QUARRA、フリーバーグ大学にAoIP基盤を提供 (ケーススタディ)

IPへの移行に伴い、メディア制作業界では、IPネットワーク上での高性能と相互運用性を確保するために、SMPTE ST 2110:2017やAES67などの規格を導入しています。これらの規格におけるPTP(精密時間プロトコル)の主な用途は、ビデオ、オーディオ、およびその他の信号を同期させるために使用できる安定したタイムベースを提供し、それらが容易に処理され、ローカルおよびリモートの視聴者に配信されるようにすることです。

フライブルグ大学のECHO FMラジオは、ArtelのQuarra PTPイーサネットスイッチを使用して、リモートスタジオとメインサイト間でAoIPストリーム用のリアルタイムオーディオリンクを作成し、他のデータがバックグラウンドで実行されている間、オーディオストリームを中断することなく実行することができます。

 
キプロス ケーブルネット社 SMARTソリューションでMedia Over IP に進出

キプロス ケーブルネット社 SMARTソリューションでMedia Over IP に進出 (ケーススタディ)

Cablenet は、ブロードバンドと HDTV サービスをサポートする次世代ハイブリッド ファイバー同軸ネットワークを運営しています。このネットワークを強化するために設計されたプロジェクトでは、Cablenet はキプロス全域のスタジアムと 2 つのリモートプロダクションサイトをリンクして、コンテンツをネットワークハブに、そしてヘッドエンドに届けることを目指していました。ネットワークに Media over IP を導入し、将来的に SMPTE ST2022-7 の冗長性をオプションとして使用できるようにし、Wave Division Multiplexing が損失予算を満たしていないスパンでのサテライト リンクのコストを回避したいと考えていました。

 
スイス初のオールIPメディア施設 Quarra 10G PTPスイッチを採用

スイス初のオールIPメディア施設 Quarra 10G PTPスイッチを採用 (ケーススタディ)

スイスの放送局RadioFrとLa Téléが2019年に完成させると、フリブール郊外にある3,000平方メートルのMEDIAparc施設は、スイス初のオールIPメディア施設となりました。フランス語のRadioFr、ドイツ語のRadioFr、RadioFr Music、La Télé Vaud-Fribourg、MédiaPub SA、ニュースサイトSept.ch、デジタルメディア広告代理店Skippr.ch、地域イベントアドバイザーのオンラインプラットフォームFRiStyleなど、360°メディアを提供する目的で建設されたこの施設は、SLG Broadcastがシステムアーキテクトを担当しました。SLG Broadcastは、最新のIP技術を取り入れたグリーンフィールドプロジェクトのシステムアーキテクトとゼネコンを務めました。

 
ATSC 3.0移行ソリューション

ファイバーおよびIPネットワークのためのATSC 3.0移行ソリューション

ArtelのInfinityLink ATSC 3.0移行ソリューションは、従来のATSC 1.0の信号伝送機能を維持しながら、新しいIPベースのATSC 3.0規格に対応した放送とコンテンツ配信を可能にします。InfinityLink ATSC 3.0 Transition Over FiberおよびATSC 3.0 Transition Over IPソリューションには、必要なすべてのプラットフォームコンポーネントと光および/または電気トランシーバが含まれており、顧客が所有するシングルモードファイバまたはローカルのキャリアが提供するIP GigEサービスのいずれかとの相互接続の準備ができています。テレビ局やネットワークがATSC 1.0から3.0への移行を開始する際には、この移行を可能な限りシームレスにし、3.0導入のための特定の要件やタイミングに対応するために直面する多面的な課題を管理するための柔軟で将来性のあるソリューションが必要となります。Artelは、ATSC 3.0の採用の複雑さと、これが放送局に与える影響を理解しています。 ArtelのInfinityLink ATSC 3.0移行ソリューションは、ATSC 1.0から3.0への移行を管理するために必要な汎用性を提供し、IPおよびファイバーベースのネットワーク上での信号伝送の効率化を実現する道を提供します。ArtelのInfinityLink ATSC 3.0移行ソリューションは、ATSC 1.0のレガシー信号伝送機能を維持しながら、新しいIPベースのATSC 3.0規格に対応した次世代のオーバーザエア放送とコンテンツ配信を可能にします。InfinityLink ATSC 3.0 Transition Over FiberおよびATSC 3.0 Transition Over IPソリューションには、必要なすべてのプラットフォームコンポーネントと光および/または電気トランシーバーが含まれており、顧客が所有するシングルモードファイバーまたはローカルのキャリアが提供するIP GigEサービスとの相互接続の準備ができています。